未来の発毛〜もう効果がないとは言わせない

未来の発毛〜もう効果がないとは言わせない

ある調査では日本人の4人に1人が髪の毛の薄さ、すなわち薄毛に悩んでいるといわれています。全人口の4人に1人ですから、その数3000万人ほど。例え現在薄毛になっていなくとも、確率論的に将来薄くなってしまう確率はかなり高いといわざるをえないでしょう。

もちろん、これは外見の問題であって体内になにか悪い影響を直接与えるものではありませんから、それをコンプレックスに悩まなければ気にすることはありません。しかし、現実には外見の第一印象に相当の影響を与えることから、多くの人がコンプレックス、悩みとして捉えているのが現状です。

世界的に見ても地域差にもよりますが、やはり先進国において薄毛はコンプレックスのひとつとして捉えられている事が多いでしょう。お国柄によっては、薄毛になるならばいっそ坊主にしてしまえばいいと、スキンヘッドにされる方も多いですが、ここ日本においては、なんとかして髪の毛を復活させる、つまり発毛させることを目指す方が多いようです。

ではカウンターパートである、発毛に関する改善策はというと、市販の育毛剤にはじまり、皮膚科の医師による投薬治療、そして植毛、カツラなどの対策が挙げられます。

しかし、この方法のどれもが、病気を治す治療のように万人に受け入れられる決め手にかけています。

例えば育毛剤は、市販の殆どの商品が効果が全員にあるとはいわれておらず、唯一国による発毛効果の認定をうけた発毛剤においても、副作用のひどさが指摘されています。

医師による投薬治療もまたしかり、あくまで原因を抑える薬であり発毛そのものを充たすことはありませんし、こちらも副作用の強さに悩まされ断念される方も多いようです。

なぜこのような現状なのかといえば、そもそも医学界において発毛に対する研究が専門的に行われていなかったことがあげられます。最初に上げたとおり、薄毛は人体に悪影響があるわけではなく、ただの生理現象として捉えられていたからだと考えられています。先に上げた臨床結果が出ている医薬品も元々は別の治療のために開発された医薬品であり、その副次的効果として発毛効果があるとされているだけなのです。

ただし、時代の流れとともに近年発毛においても専門的な研究が行われつつあり、既に幾つかの発毛に関する手法が発表され、今後実用化されるとのことです。

このサイトでは、現在研究がすすんでいる発毛方法について、その具体的な効果と研究状況、そして、悩んでいる人にどれだけの恩恵をもたらすのか紹介してみたいと思います。

参考:現状の発毛に関する代表的な手法

チャップアップ育毛ローション

チャップアップ育毛ローション

インターネット通販で常に1位を記録している代表的な育毛剤のひとつ。44種類の成分を配合し、97%の人がその効果を実感しているという触れ込みで販売されている。積極的に宣伝が行われ、口コミ情報などでも軒並み1位の人気育毛剤だが、反発も多く、根拠のない天然成分で構成されている、また利用者の単なる満足度によるパーセンテージ、さらには高額報酬による代理販売(アフェリエイト)による販売数かさ増しにより作り上げられていることがチャップアップの事実というサイトによって示されていたりと相反意見が真っ向から対立している。チャップアップ育毛ローション自体は一応厚生労働省より医薬部外品の認可を受けているので全くのまがい物というわけではないだろうが、その育毛効果についてはかなりメーカー側の忖度で、信憑性のない意見が盛られているであろうと推測される。

リアップX5プラスローション

リアップX5プラスローション

まえがきに書いた日本で唯一国による発毛効果が認められている「発毛剤」。ミノキシジルという血流増進の効果がある成分を5%配合することによって頭皮部分の血流を増幅し、髪の毛の成長を充たす効果があるとされている。その効果は臨床試験によって医学的に実証されているものの、体内すべての血流を増幅させる副作用があることから、全身に心臓疾患、痒み、ほてりなどの症状が現れ、使用を断念する人も多い。また、高血圧などの循環器系に病気を持つ人はその副作用から使用が忌避されている。 主成分ミノキシジルの効能や実際の副作用にかんする体験談は、派生形であるミノキシジルタブレットの体験談と共にこのサイトが詳しい。